トップページ
各施設ご案内
帝都ホール秋桜斎場
帝都ホール 第二斎場
帝都ホール秋桜斎場
仏壇・墓石「ていと」
家族葬のあきばや 稲村ホール
帝都メモリアルショップ
通常コースのご紹介
ご葬儀プラン
ご自宅での葬儀
ご葬儀の流れ
お料理・供物等
帝都ファミリー
よくあるご質問
お問い合わせ
会社概要
カラム
日頃、葬儀は無縁の出来事と思いがちです。
しかし、いざその時が訪れたご家庭では、「何からどうしてよいか…」
悲しみととまどいで、わからなくなってしまう場合が多いものです。
ここではおおまかな葬儀式の流れをご紹介しますので、お葬式準備にお役立ていただければ幸いです。
病院やご自宅などで医師から臨終の確認がなされた場合は、清拭(お体を綺麗にします)この清拭は、約1時間かかりますのでこの間に葬儀社・ご家族・親戚等に連絡をし理もあるので事前に病院側とご相談しておく事をお薦めします。
帝都ホールでは、24時間いつでも寝台車が待機しております。
万が一の時でも迅速に病院・指定場所まで、係員がすぐにお迎えにお伺い致します
「清拭」が終了した後は、病院内にある霊安室へ移動となります。
専用の寝台車にて霊安室へお迎えにお伺いした後に、ご自宅(安置所)までご搬送をさせていただきます。
ご安置後は枕飾りを準備し故人様をお守りしていただきます。 ※寝台車とはご遺体をお乗せする専用車両の事です。

ご葬儀の細かい打合せを行います。
深夜の場合や気持ちが落ち着かない時などは、翌日に葬儀の打合せを行うことも可能ですので、どうぞご安心下さい。
喪主さまの決定、火葬の日程の決定、遺影写真に使うお写真のお預かりなどをさせていただきます。
ご不明な点なども、当社スタッフが全面的にサポートいたしますのでご安心ください。
ご自宅にて、各宗派に合わせた納棺の儀式を執り行います。
納棺とは故人様をお棺にお納めする儀式で,『納棺師』により丁重に執り行われます。故人様の愛用品やお花などを
手向けていただきます。
※帝都ホールの通常コースでは、納棺師による湯灌が基本セットに含まれております。

【開式前】
・生花等の名札の順番よお名前の確認、
・着席する席順の確認、
・返礼品やお料理(通夜ぶるまい)の準備
・お焼香(献花)の順番。
・宗教者へのご挨拶とおもてなし。
【開式】
通夜は午後6時~7時頃から始めます。
宗教者の読経~焼香、喪主挨拶へと進み、通夜ぶるまい
へと進みます。閉式後、ご遺族・ご親族の方はお清め
(お食事)をしていただき、喪主の方は宗教者へのお礼
(お布施等)をお渡しします。
【開式前】
・受付の準備、会葬御礼品のセット
・弔電を整理し奉読の順を決めます。
・席順や焼香順位を決めます。
・火葬場へ行く人を確認します。
・お布施の用意をします。
・初七日法要の料理の確認をします。
【開式】
通夜は午後6時~7時頃から始めます。
宗教者の読経・焼香、弔辞弔電の棒読へと進み、ご遺族
ご親族方から焼香~一般会葬者焼香へと進みます。
皆様でお棺にお花等を入れていただき、ご親族代表の挨拶
をして頂きます。その後、火葬場に向けご出棺となります。
ご出棺後は、火葬となります。お立会いの方は、ここで最後のお別れをしていただきます。
火葬にかかるお時間は約1時間半程度です。その間、待合室にて軽食または精進落としとしてお食事を召しあがっていただきます。
係員の連絡がありましたら骨上げを行っていただきます。骨上げは二人一組になり、血縁の濃い方から順番に行っていただきます。
火葬後に初七日法要の読経を行います。
地域や式場によっては、葬儀式の読経と合わせて繰上げ初七日法要として行う場合もあります。 詳しくは弊社スタッフにご相談
下さい。
その後、故人様を偲びお集まりして頂いた皆様方に対しお礼も込めておもてなしをします。地区や宗教により呼び方は異なりま
すが、一般的には「精進落とし」と言います。